ポイント運用利用規約

ポイント運用利用規約

第1条 (総則)
1. 本規約は、楽天株式会社(以下「当社」といいます)が、ユーザに対して、第2条に定義する本サービスを提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。
2. 本規約は、本サービスの提供及び利用に適用されます。本規約をご確認いただき、内容を理解のうえ同意いただいた方のみ、本サービスをご利用いただけます。
3. ユーザは、本サービスの利用に関し、本規約のほか、楽天会員規約、ポイント規約、本規約に付随するものとして当社が別途定める細則、ご利用条件、ルールおよびガイドライン等(以下、総称して「本規約等」といいます。)を遵守するものとします。

第2条 (定義)
本規約に定める語句の定義は次の通りです。
(1) 「ユーザ」とは、本サービスを利用する者をいいます。
(2) 「本サービス」とは、ポイント運用 by 楽天PointClubサービスをいいます。
(3) 「本WEBサイト」とは、当社が本サービスについて周知等を行うWEBサイト等をいいます。
(4) 「ポイント」とは、ポイント規約に基づきユーザに提供される「楽天スーパーポイント」をいいます。
(5) 「ポイント規約」とは、楽天スーパーポイント利用規約をいいます。
(6) 「ポイントプログラム」とは、ポイント規約に基づく、当社のポイントインセンティブプログラムをいいます。
(7) 「会員サービス」とは、楽天会員規約に基づき、当社より提供されるサービスをいいます。
(8) 「会員」とは、楽天会員規約に基づき会員登録をした会員をいいます。

第3条 (ユーザ)
1. 本サービスは、楽天会員ご本人に限り利用することができます。
2. 本サービスのお申込み及びご利用にあたっては、会員サービスにログインしてください。

第4条 (本サービス)
本サービスは、ポイントプログラムに基づき、当社が提供する、擬似的に投資を体験いただけるサービスです。本サービスの詳細については、本WEBサイトをご覧ください。

第5条 (本サービスの性質)
1. 本サービスの運営にあたり、当社は、次条の規定に基づいて会員が指定することにより、本サービスへの参加の対象とされたポイント(以下「対象ポイント」という。)を当社所定のレートで換算した額に相当する額に関し、当社の自己資金で投資信託(以下「本件投資信託」といいます)の受益権を取得し、本サービスを提供しますが、ユーザは、その受益権に何らの権利を有するものではありません。
2. 本サービスは、当社がユーザとの関係において有価証券の売買の媒介、取次ぎもしくは代理又は募集もしくは私募を行うものではありません。また、本サービスは、当社がユーザのために投資一任業務を行うものではなく、ユーザの財産を運用するものでもありません。
3. 本サービスにおいては、本件投資信託の基準価額の値動きに連動して、対象ポイントのポイント数が増減(変動)します。本件投資信託の基準価額の値動きにどのように連動するかについては、本WEBサイトをご参照ください。次条及び第7条に基づく移行の手続きは、ユーザご自身の判断と責任で行ってください。なお、当社が恣意的に対象ポイントのポイント数を増減させることはありません。

第6条 (本サービスへのポイントの移行)
1. ユーザは、本WEBサイトにおいて、所定の手続きをしていただくことにより、当社所定の時期及び単位で、自己のポイントを本サービス内のユーザーアカウントに対象ポイントとして記録することができます。なお、記録は、ユーザが記録に必要なポイント数を保有している場合のみ行うことができます。
2. 対象ポイントとして記録できるポイント数には上限があるものとし、有効期間の限定されたポイントは、対象ポイントとして記録できません。
3. 対象ポイントを使用して、ポイント規約第6条の規定に基づく決済代金の支払いに利用することはできません。対象ポイントを現金と交換することもできません。
4. ユーザは、本WEBサイト上で、対象ポイントのポイント数の増減の状況を確認することができます。

第7条 (ポイントプログラムへの移行等)
1. ユーザは、本WEBサイトにおいて、所定の手続きをしていただくことにより、当社所定の時期及び単位で、対象ポイントの全部又は一部を換算してポイントプログラムに戻すことができます。対象ポイントの一部をポイントプログラムに戻すことを選択した場合、戻すことができるポイント数が一定の割合に制限されることがあります。
2. 前項の手続きにより、ポイントプログラムに戻されるポイント数は、当該手続き後の当社所定の時点に適用される、本件投資信託の基準価額を参照して決定されます。なお、その結果ポイント数に小数点以下の端数が発生したときは、それを切り捨てます。

第8条 (手数料)
ポイントを対象ポイントとして記録し、又は対象ポイントをポイントプログラムに戻すことにつき、当社は手数料をいただきません。

第9条 (譲渡禁止)
ユーザは、対象ポイントを第三者に譲渡したり相続させたりすることはできません。 

第10条 (権利喪失及び利用停止)
1. ユーザが以下の各号のいずれかに該当した場合、当社は、本サービスへのポイントの移行、対象ポイントのポイントプログラムへの移行など、本サービスの利用に関する一切のユーザの権利を喪失させることができるものとし、またユーザによる本サービスの利用を停止させることができるものとします。 
(1) 本規約等に違反した場合
(2) 第3条第1項に定めるユーザの資格を喪失した場合
(3) 楽天会員規約第9条の規定に基づき、当社がユーザの会員資格を取り消した場合
(4) ポイント規約第5条の規定に基づき、当社が、ユーザが保有するポイントの全部又は一部を取り消した場合
(5) 当社が本規約等に照らして不適切と判断する⾏為を行った場合
2. 前項にかかわらず、ユーザが会員サービスのみを自主的に退会された場合において、退会の時点においてユーザが会員の資格を有効に保持しているときは、当社は、その時点でユーザから本サービスの退会希望があったものとして、第7条第1項第一文及び第2項に準じて取り扱います。 
3. 前二項によりユーザに損害が発生した場合でも、当社は一切責任を負いません。

第11条 (終了後の条項の存続)
本規約等に基づくユーザと当社との契約が終了した後においても、第5条、第9条、第10条第2項・第3項及び本条以降の規定は引き続き効力を有するものとします。

第12条 (個人情報の取り扱い)
当社は、本サービスの提供にあたり、利⽤者から取得する個⼈情報を、当社が別途定める「個人情報保護方針」<https://privacy.rakuten.co.jp/>(当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)の定めに従い、取り扱います。

第13条 (免責)
1. 当社は、本サービスの運用にその時点での技術水準を前提に最善を尽くしますが、障害が生じないことを保証するものではありません。天災地変、通信回線やコンピュータ等の障害によるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、ポイント管理に関する障害、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他本サービスに関してユーザに生じた不利益または損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
2. 当社は、ユーザが本サービスを通じて得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有効性において一切の責任を負わないものとします。

第14条 (本サービスの変更・廃止)
当社は、本サービスの全部もしくは一部を変更し又は廃止することができるものとします。その結果、利用者に損害が生じた場合でも、当社は一切責任を負わず、何らの補償も行いません。

第15条 (本規約等の変更)
当社は、事前の予告なしに本規約等を変更する場合があります。この場合、当社が本規約等の変更につき、本WEBサイトに掲載した時点で変更の効力を生じるものとします。変更の結果、ユーザに損害が生じた場合でも、当社は一切責任を負いません。

第16条 (権利関係)
本サービスに関する著作権、知的財産権その他一切の権利は、当社その他権利を有する第三者に帰属します。

第17条 (準拠法・裁判管轄)
本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条 (その他)
本規約に定めのない事項については、楽天会員規約及びポイント規約に定めるところによります。

附則
2018年9月19日制定

戻る